BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年10月31日金曜日

ロサンゼルス→ペルー、リマ・・・・・・・・

ロサンゼルスから一気にペルー、リマへ。

途中、コロンビアのボゴタでトランジット。

今回もいつもと同じように乗り換え、空港で有意義な時間を過ごした・・・



っていつも通りならええんやけど、

トランジットのときにチェックインしなおさなきゃいけないのに、

飛行機会社のおねえちゃんに

『チケット持ってないけど、E-チケット持ってる。』

って言ったら、『じゃあこっちでいいわよ』ってトランジット専用口へ案内してくれた。

いいのかな~?って思いながら中に入ったらもうすでにボーディングゲート。

いいわけがない。

いやいや、だから僕らなんも持ってないって!!

さっきのお姉ちゃんに『僕らチケットもってないよ?ど~やってボーディングカードもらうん?』

って聞いたらお姉ちゃん、全く英語分からんらしく、困った顔してどっか行っちゃった・・・

えっ?さっきの自信満々の誘導はなに??

英語わからんのやったら初めから言ってよ・・

おかげさまでてんてこ舞い。。

そこらじゅうにいるスタッフに聞いても全く英語通じん!

なんとかポリスに一人話せる人がいて、秘密の階段みたいなところから外に出してくれた。

無事チェックイン。



しかーーーーし!

あずけ荷物のステッカーがない。

そーいえば今回もらってないぞ。。。

ロサンゼルスでチェックインの時、

にーちゃんが『チェックインはしなおさなきゃだけど荷物はそのままペルーいくよ。』って言ってたから安心しきってた。

そのステッカーがないとチェックインできないって。


仕方ないからコロンビアまで飛んできた航空会社に行き、チェックしてもらって荷物番号ゲット!

今度こそ!無事チェックイン!

これでなんとかペルーにいける!





ホッとしてコロンビアのコーヒーをすすりながら、

いつも通りの空港での有意義な時間が過ごせた。




夜8時ごろにペルーに着き、笑顔満載で入国審査を済ませ荷物取り、ペルー入国!!

とはいかない。

こういう日は何故か続くもんやな。



同じヒコウキに乗ってた乗客はそれぞれ流れてくる自分の荷物を取り外へ。


あれ?

もう何も流れてこないけど??


残るは僕達2人のみ。


ポツン・・・


嫌な予感が当たりまくり。

荷物出てこん。


オフィスに行って調べてもらったら

コロンビアに止まってる。ってオイ!!

『明日の朝、9時に着くから電話して取りに来て』って・・

すいませんの一言もなしか。

まーコロンビアにあるものは仕方ない。



荷物たちよりも一足先に南米上陸~~!

当たり前やけど二人とも短期旅行よりも少ない荷物だけもってタクシーへ。

僕の荷物はPCと本、IPOD。

あー軽。


タクシーにリマのセントロにある『宿沖縄』へ連れてってもらった。

宿のおっちゃんに訳を話したら次の日空港に電話してくれた。

やさし~~。

こういう時の日本人宿は最高や。


一方、荷物は届いてない。

頼むよまじで。

短パン、サンダルでペルーに来た僕がアホやけど、

寒い。



いとしの荷物と離れて2日後・・・

もう一回電話してもらったら届いてました~~~!

ありがと~~~!

二人でのりのりで空港に行って、荷物を受けとり、タクシー代をもらって宿へ帰った。

これで一件落着。



いや、

ん??



なんか入れ方がちゃうぞ??

またも嫌な予感・・・



うわ~~~!

やられた~~~!!

現金全部やられた。。。(そんな額じゃないけど)

ムカツク 怒怒怒怒怒!!!!!!!!!




あまかった。

南米なめてた。

これは気の緩んでる僕らへの宣告やな。



この怒りをどこにぶつけていいのやら。。




ま~怒っててもしかたない。

僕も、彼女も元気だし。

酒飲んで忘れよう。

誕生日にカーディにもらったウイスキーのボトルを探し、一気に流し込んだ。

と思いきや、

ない。

カメラとか金目のものは全部あるのに。

ウイスキーがない。

そして買ったばかりのスターバックスのタンブラーも。

なんてむかつく泥棒。

まー俺から奪った金とウイスキーでせいぜい楽しんでくれ。


みなさんも気をつけてください。

預け荷物には現金入れちゃいけません。

ウイスキーも!!





アメリカから来るとペルーの物価の安さにびっくり。

このセットで1.5ドル。

しかも多くて食べ切れん。

二人で半分で十分。


宿でカットもした。

南米第一号!

ハサミ取られなくて良かった笑


明日、クスコに向かいます。

2008年10月26日日曜日

リトルトーキョー

アメリカ横断で3517マイル。約5630キロがんばってくれたワンピース号とお別れ。

ありがとう!!ワンピース号のボディをたたき、

ロサンゼルスのダウンタウンへ。

ダウンタウンは香港のにおいがした。

治安も悪そう。

あんまり好きじゃない雰囲気。

そこから歩いて

リトルトーキョーにある安宿、DAIMARU HOTEL ってとこにいってみた。

日本語片言の名物おばちゃん登場!

いいおばちゃんだけど、一泊しかしないって言ったとたん冷たくなっちゃった。

「ヤスイタベルトコ ヤスイヒコウキ モットトマタラ オシエル。」

っておい!!

ま~教えてもらうほどリトル東京は広くないからいいけどね。

『小東京交番』と書いてあるところで地図をもらい、

町をぶらぶら。

ちょっと日本風に作ってあるがなんでこんなにすさんでるんや?

活気がない。

全く魅力を感じない。

あかん、さっさと次行こう。

メキシコか?ペルーか?中米陸路か??

紀伊国屋に行き、ガイドブックで調べ、

彼女と相談してペルーまで一気に飛ぶことにした。

宿に帰ってさっそく次の日のペルー行きのチケットを購入!

1人で650ドルとちょっと高めだけど仕方ない。

南米ゆっくり周りたいし。

夜は居酒屋へ。

横断中もかなり日本食食べたけど、


この薄井居酒屋も最高やった!

ひさびの熱燗。

あ~幸せ・・・

『居酒屋ほど何も気にせず飲めるとこはない。

他人が気にならないし、いつでも自分が等身大でいれる。』

ま~これは村上龍の言葉やけど。


海外にいるとBARに行くことが多い分、久々居酒屋にきて僕もそう感じた。



ここリトル東京でワンピースのメンバーとも解散。

みんなと強い握手、ハグをし、再会を誓ってそれぞれの方向へ旅立った。

さ~明日からとうとう南米突入!

まずはペルーのリマ!

2008年10月24日金曜日

サンタモニカ到着


とうとう着きました~~~!

アメリカ大陸最西端、ロサンゼルス、サンタモニカ!!!

もうこれ以上太陽を追いかける事はできない。

みんなでサンタモニカのビーチの海にタッチ。

そしてお得意の記念撮影。

みんなの力が一気に抜け、

何時間かの間、何もやらずにビーチに向かってたそがれた。


この2週間でしんさんのいじられキャラが定着。

そして彼女がいじりキャラ。

2週間ともに過ごすと、

それぞれのポジション、役割がはっきりしてくる。

いいバランス、いいチームワーク。

このメンツとも明日で解散だ。

当たり前のことやけど寂しくなるな。


それはさて置き、

実はサンタモニカに着いたのは3日前。

当初の予定ではここからサンフランシスコまで上っていく予定だったんだけど、

みんなのこれからの予定を踏まえ、

ここを終着点にした。

初日に街を歩いてたら坂本龍一の音楽が聞こえた。

なんだと近くに行ってみたら日本人の男性が琴と笛でパフォーマンスしてる。

・・・かっこいい。

日本の文化をうまく表現してる。

舞台は違うけど

僕らも負けてられん。



3日間、海沿いのキャンピングサイトにワンピース号を泊め、

昼間はサンタモニカのビーチへ!



もちろん髪を切りに。


ワンピース号をビーチ沿いのパーキングにド~~~ンと駐車し、

いつもの様に日本の国旗を掲げ、張り紙をし、写真を張った。


通りがかりの人達、ビーチで遊んでる人達、撮影の人達が食いつく食いつく。


警察に怒られるかもと心配したけど、

近くに来て グー のサイン。


最初にさくらでしんさんの髪を切らせてもらった後は

みんなの呼びかけもあって大繁盛。



目の前のビーチ。

お世話になったワンピース号の背中の上。

ひろちゃんのウクレレ。

波の音、


そしてハサミの音。

爽やかな風と、

力をみなぎらせてくれる太陽。


なんて幸せなシチュエーション。

気持ちいい。

アドレナリンが噴出してくる。



ニューヨークでやってる美容師が二人カットしに来てくれた。


同業者がこうやって髪を切りに来てくれて、

『お前達最高だ!!かっこいいことやってるよ!!』

って言ってくれた。

あ~僕ら間違った事してないな。

同業者に興味もってもらえるなんて幸せやな。

自信がでた。


『大人が本気で遊んだらそれが仕事になる。』



今やってることはまだ仕事じゃないけど、

そんな言葉を思い出した。


明日でこのワンピース号を返却する。

いろいろ面倒な事もあったけど

レンタカーにこんなに愛着が湧くなんて思ってもいなかったなぁ。

2008年10月21日火曜日

☆Grand Canyon☆

何から書いて良いのかわからん。

ここ二日でいろんなことがありすぎた・・・

本を書く人、文才ある人、

気持ちをを文で表現出来る人、マジ尊敬。

気持ちが前に行き過ぎて言葉にならん・・・

写真いっぱい載せてごまかしごまかし書いていこう。


18日。

泊まっているキャンプサイトから

南にあるSedona。セドナへ。

大自然の中を我らが ワンピース号を走らせる。

この巨体も大分ぼくらの体の一部になってきた。


山のグニョグニョ道見上げればこんな空。

飛行機雲だと思うけどオーロラみたいに見える。

自然と人工のコラボ。




そのうちに、巨大な赤い岩?山?が視界いっぱいにド~~~ンと出てきた。

ケーキの様な馬鹿でかいものが地面から飛び出している。

お城のようなものもある。

ツアーに入ると多分一つ一つにこぎづけられた名前を聞かされるんだろうな。

そんな事はどうでもいい。






こんなにステキな風景を目の前にしてるのに・・・

なんだかオーストラリアのウルルの風景と似てる。


写真はたくさん撮ってはみたものの、

イマイチ感動が薄かった。


あっ・・・・この写真はNGだった。


『僕の感情は感動を忘れてしまったのか??』

うすっぺらい人間になったのか??



彼女も同じ事を言ってた。


みんなが感動してる中、

僕達二人の気持ちはそこまで上がらなかった。



気を取り直してキャンプサイトに帰り、

BBQ!!!

いや~~肉うまいな~~。

ジャガイモ、玉ねぎも最高!!!

とうもろこしも最高!とがっついた瞬間・・・

僕の前歯の差し歯が・・・

とれた。

最近、ぐらぐらしてて嫌な予感してたんや。

歯がとれる夢も何回も見た。

まーそのおかげで心構えはできてたけど。

あーあ・・・・

前歯がないとこんなに間抜け。

しかもあきらかにこの10日で太った。

笑わんといて。



今は横断中だし、

歯は保険きかへんし。

ここは必殺!瞬間接着剤!!!

いや。あかんやろ。

歯茎に悪いって。

でもこのままはいややし。

やっちまえ。

次の日の朝、一番にスーパーに行き最高級の瞬間接着剤購入。

鏡に映る自分の醜い姿を見ながら、

手に汗にぎる瞬間接着剤ユーザー。



よだれで濡らしちゃだめだ。

シーシーとよだれを吸い込む。

着けた歯を乾かしながらの観光。




そう、この日はこの横断一番の目玉!

Grand Canyonグランドキャニオン!!!

また感動できなかったらどうしよう・・・

という不安を抱えて行ってはみたが、

そんな必要はまったく不要だった。


一面に広がるこの風景。

オーストラリアでキングスキャニオンってのに行ったが目じゃない。


スケールが違いすぎる。

写真じゃ伝わらないかもだけど、

言葉でも伝えれません。


こんな偉大な風景を目の前にし、

ワンピース号のクルー、

りょうさん、

しんさん、

あゆ、


ひろちゃんの髪を切った。


ひろちゃんのウクレレ生演奏とコラボ。

贅沢すぎる。

他の観光客の人達はなんだなんだと集まり、

歌が終われば拍手。

一緒に写真。

アメリカという国はいいものは認めてくれる。


日本だったらどんな反応をしてくれるんだろうか・・・


全員髪を切って、身も心も心機一転!




みんないい歳して青春真っ只中。

おじいちゃん、おばあちゃんになっても青春してるんかなぁ。

2008年10月18日土曜日

横断はじまり一週間。

テキサス、ニューメキシコと抜け、

今はアリゾナ。

ニューメキシコはメキシコじゃなくアメリカ。

途中、SANTA.FE サンタ・フェという街に寄ったんだけど、

ここがめっちゃステキだった。


街の大きは小さいけど、全ての家が土とワラを混ぜたようなもので作られていた。





信号は何故か5つ。


モロッコの家に似てるけどお洒落度が全くちがった。

銀行も、マクドナルドも、ガソリンスタンドも全て薄茶色。









これだけ統一してたらかっこいいな。

日本にも街の一角にこういう雰囲気のところ作れないかな。

そこに美容院、ネイルサロン、エステ、服屋とか美に関するお店を集める。

ステキな感じやな~と想像を膨らませた。

アメリカにもまた来たい街が増えてしまった。




ひたすらまっすぐな一本道。

360度見渡す限り地平線。



運転をかわりばんこで回し、

それ以外の時間は、



本を読んで自分と対話し、














歌って日本のみんなを思い出す、





風景を眺めて考えをめぐりめぐらせる。



そしてたまに寝てリセット。











ご飯はいつも3人の心のこもった手作り。

うどん、そぼろ、カレー、シチュー、肉じゃが、パスタ、おにぎり、味噌汁。

日本以上に日本食食べてる。

 『食』ってほんまに大切。

毎日の夜ご飯が楽しみでたまらない。

おかげさまでやせるどころか太ってしまう。








いまで走行距離は約4000キロ。

アメリカの真ん中に近代ピラミッド発見!




風景がどんどん変わる。


とうとう緑がなくなった。












ワンピース号のリーダー的存在のりょうさん。

この人の人のまとめ方、話の仕方にはいつも関心させられる。

自分に足りないものをたらふく持っている。



自分の未熟さ、

軽率さ、

そして人に依存しすぎる自分。

いろんな自分に気付けた。








毎日がいい勉強になってると思う。