BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2009年3月29日日曜日

ただいま   ~東京~

東京に着いた。

バックパックを置き、とうとうこの旅が終わった。

これからが僕のスタートだ。

この旅で自分がどうかわったんかわからん。

むしろ何も変わってない。

いろいろ気づいた事はある。

前も書いたけど

自分は一人では生きてないって事。

美容師というこの仕事が好きで好きで仕方がないって事。

そして自分の弱さ。

なんかネガティブに聞こえるかもしれないけど、

気付いちゃった。笑


とにかくやるしかねぇ。

東京に勝つまで。



とにかく


『ただいま』





P.S
4月2日からさっそく仕事始めます。
場所は表参道。
このブログ見て髪切りたいと思った人は気軽にメールください。
hdkhdkhdk0915@yahoo.co.jp

このブログは続きます。
これからの僕も見守っててくださいね。


2009年3月28日土曜日

静岡 ~沼津~

豊橋から電車で2時間。

静岡県の沼津に到着。

イースター島でいっしょだったまゆちゃんのねぇちゃん家に訪れた。

まゆちゃんはまだモロッコ。

まゆちゃんより一足先に実家へ笑


まゆちゃんのお母さんが韓国料理を振舞ってくれ、

普段は結構シャイらしいお父さんが一緒にビール2本付き合ってくれた。

まゆちゃんの事をかなり心配しているみたいで、

まゆちゃんの話をだすと二人とも大喜びだった。

お酒大好きなねぇちゃんともイースター島の思い出話にふけった。

チョコって名前なのに黒くないおじいちゃん犬




ちびって名前なのに小さくないデカ犬。

かわいいやつらだった。


次の日、ねぇちゃんと沼津といえば!ということで海沿いに行き、

市場みたいなとこに連れてってもらった。

いい雰囲気だ。

僕は都会より田舎の方が好きなんだろうか・・・

いや、そうだとしても東京で勝負しよう。


ねぇちゃんの親友が働いてるっていう美容院に行った。

したら僕の事が紹介されてる美容専門誌、

『TOMOTOMO』を見せてくれた。

ってか僕自身が今月号から紹介されるんだってことを忘れてた。


イースター島ではねぇちゃんを見送って感動のお別れだったけど、

今回は見送ってもらった。

またマユチャン帰ってきたら遊びに来ます。

子供ってこんなに可愛かったっけ? ~岐阜→豊橋~

伊勢から電車に乗って2時間、専門学校時代の友人ふっちゃん家へ。

ここを訪れるのはこれで3回目。

あ、岐阜の関ね。

あの刃物の有名な。

すごいいいとこなんです。


ふっちゃんと、ふっちゃんのお母さんの髪を切った。

まぁふっちゃんも美容師なんだけどね。

しかも知らない間に店長やってた。

みんなまじ成長してる。

僕は何やってんだか笑


いつもとかわらないこの家族の雰囲気が大好きでふとしたときに会いたくなる。

ふっちゃんのおねぇちゃんの子供、やんちゃなはるき。

写真がないのが残念やけど2年ぶりに会ったら、めちゃでかくなってた。

『このおっさん誰??』  とか最初言ってたのに

にーちゃんと風呂入るとか言い出して。まじかわいい。

こんな絵も描いてくれた。

そんでもっとやんちゃなリオ。

犬ってなんでこんなに癒してくれるんやろう。

欲しいなぁ。


ふっちゃん家族お世話になりました。



次回、関に来る時は木目のついてる包丁買います。


岐阜を出て次は彼女の待つ愛知県へ。

豊橋まで直で行こうかと思ったけど彼女の体調が悪いということで名古屋で途中下車。


せっかくなんで名古屋城を見に行った。

中に入ろうかと思ったら外堀の中に入るだけどお金がいる。

姫路城、大阪城は登る意外お金いらんのに。

まぁ500円なんだけど、なんか払うのが嫌で外堀の周りを歩いて眺めた。

お城好きかも知れない。

かっこいい。

公園をぶらぶらして、

夕方に豊橋に向かい彼女のおねぇちゃんが迎えに来てくれた。

彼女の調子はそうとう悪いらしい。

おねぇちゃん家に行き、2人の子供と遊ぶ。

最初はおお泣きしてたさくちゃんも、恥ずかしくて隠れてたそらちゃんも慣れて遊んでくれた。

旅に出てちょっと子供に好かれるようになったのかも。

『ひでき遊んだげらぁ』ってまじかわいい。

彼女はその日これなかったけど、

はじめて会う彼女の身内なのになんでか緊張しなかった。

そらちゃんのお陰やな。


次の日、彼女が元気になって来てくれた。

商売繁盛の豊川稲荷に行ってこれからの東京の仕事の繁盛をお祈りしてきた。

ここには神狐がいる。

いなり寿司はここからきてるんかな。

まぁいいや。

夜はそらちゃんとねんど遊びして塗り絵して・・・

子供ってこんなにかわいかったっけ??

と同時におねぇちゃん見てると子育てめちゃ大変そうって現実も見えてきた。

そらちゃんが大事に伸ばしてる髪を切らせてくれた。









子供の話すみかわ弁がほんとにかわいい。

『じゃん・だら・りん』







こんな看板もあったし、







じゃんがららーめんじゃなくてこんなラーメン屋も。

方便っておもしろいなぁ。





彼女のおかぁさんと合流し、

豊橋から車を飛ばして浜松のうなぎパイ工場へ。

30分かからないこの工場見学なのに結構人が来てた。

工場見学なんて小学校ぶりだったけど意外におもしろくてお土産付で大満足。

中田島砂丘ってとこにも行った。

そらちゃんと砂丘を走りまくる。

久々にジャンプして写真撮った。

彼女よりそらちゃんのが飛んでた。

子供はホント元気や。

疲れを知らん。

子供が本気で欲しいと思ってしまった。

そらちゃんさくちゃんありがとう。


いっぱい写真載せちゃってごめんなさい。

かわいくて我慢できませんでした笑


さー次は静岡だ。

2009年3月26日木曜日

伊勢 ~WBC~

姫路から電車を乗り継ぎ約5時間、

オーストラリアの時の友人が住む三重県、伊勢に到着。

もとの家にお邪魔し、さっそくおじいちゃん、






もとの髪を切った。

昔、お店に勤めてる時に老人ホームへ何度かボランティアへ行ったことを思い出した。

周に一回の休日を使ってボランティアに行くんだけど、

朝はめんどくせぇとか思ってるけど、終わった後のあの気持ちのすっきりした気分はなかなか味わえない。

もとのおじちゃんは約一年前に大きな事故でかなり大変だったらしいが、



もとがオーストラリアから帰国して看病の末、ここまで回復したらしい。

もとによるおじいちゃんの日記。

中身はわからないけど素晴らしいに決まってる。

僕はおばあちゃん子だったけど、おばぁちゃんが調子悪くなっても顔を見せにいってるくらいや。

おじいちゃんの墓参りもたまにしか行ってない。

見習わなきゃ。

この家族愛の溢れる家に行って心があったまった。


もとに髪を切ったお礼にと地ビールのお店に連れて行ってもらった。

久々に飲む地ビール。

昔はこのフルーティというかサラミっぽいというかコクのあるビールが苦手やったんやけど、

オーストラリアに行ってペールエールのビールを飲むようになってから好きになった。

またかお前は!って言われる前に酒の話はやめとこ。


次の日はめちゃいい天気に恵まれた。

せっかくなので伊勢神宮へ行ったみた。

赤福もちって伊勢やったんや。

相変わらず下調べをせずに行く癖はなおってない。

名物の伊勢うどんっていうのを食べさせてくれた。

さぬきうどんとは真逆のまっくろな汁のうどん。

見た目はウってくるけど食べたら意外と美味かった。



鳥居をくぐって宮内にはいると異様なほどのパワーを感じる。
正宮の周りの木々はありえないほど太く、

その10メートルほど離れたところの木は普通の木。

昔、放浪してた人間が、こういう波動を感じる場所を見つけては寺や神社を造ったらしい。

高千穂や金毘羅宮のまわりもそうだった。

波動を感じる場所の木は太い。

僕にとってはピラミッドよりもパワーを感じる場所に感じる。

世界を旅するまでは日本にあまり興味がなかったんやけど、

世界旅に出てからは日本の事をもっともっと知りたくなった。







宮内に大きな国旗が掲げられてた。

あまり国旗を目にすることがない日本なので嬉しくなった。


帰り道、『白鷹』っていうお酒屋の前に人盛りができてる!

うぉーーー美味い酒か??

これは飲んどかなきゃ!と思って近づいたら

みんなWBCの日韓戦に釘付けになってた。

4回あたりまで見て1-0だったゲームは、9回裏3-2でダルビッシュが投げてた。

ガ、、みなさんご存知の通り同点に追いつかれ延長へ。

車に急いで帰り、もとと二人で車のTVに釘付け。

9回の表、2アウト2,3塁でバッターはイチロー。

韓国としてはイチローを歩かせて満塁の方が守りやすいのに、

韓国は勝負した。

その男気あふれる韓国の勝負心。僕は大好きだ。

それに対抗しイチローはあの場面でセンター前に2点タイムリー。

あの場面でしっかり打ったイチローに隣のもとにばればいように涙ぐんでしまった。

さすがだ。

今日はたくさんパワーをもらった。





桜が咲き出してる。

3年ぶりの日本の桜。

春やなぁ。


海外で見る桜は同じものでもなんだかちょっと違う。

桜ほど日本の風景、建物に合うものはない。


さー先へすすもう。

次は岐阜や。

2009年3月22日日曜日

子供の頃。

1週間の大阪旅の最後の日、

いつもどうりお世話になった人達の髪を切る。






この旅のスタイルもあと10日で終わり。

東京の家に着いた瞬間から気持ちを入れ替える。

いったん姫路に戻って上京の準備しよう。



と見せかけて、

またまた大好きなジャングルへいってきたーー!

いやいや、ここは僕の家の庭からの景色。

昔はなんとも感じなかった家の前の風景がめっちゃステキに見えてしまう。



大阪から親族が足を伸ばしてくれた。

お店で切ろうかと思ったけど、子供もいるし天気がよかったから庭で。

カットしてる途中、

子供達は庭の砂利を池に投げ込む。

めちゃ楽しそうや。

都会じゃできひんもんなぁ。

思いっきり投げときぃ。

僕も昔よくやったなぁ。

庭の草むしりをしてくれて、虫を発見してはスプレイヤーで水をかける。

草を入れてたバケツをかぶる。

ええやん。

子供は田舎で育てたいなぁ。

仕事は東京でやりたいなぁ。

どーしたらええんやろ。

まーえーか。子供はまだまだ先の話や。


弟の髪を切ろうとしたら兄が代わって髪を濡らしてくれた。

めちゃかわいい。


そういえば昔、親のマネをしてよく妹の髪を切った。

ばれてないと思ってても、親が帰ってきてばれて怒られた。

でもまたすぐに切ってた。そんで怒られる。

それを繰り返してたら、

一回だけ『あんたうまいやん!』って母にほめられた。

その時の気持ちは今でも覚えてる。

なぜか褒められたその日から僕は妹の髪を切らなくなった。


そんでその時から僕の夢は決まった。


『美容師』

いやぁまじ最高。この仕事。

母のようなスタイリストになり、父のような経営者になる。

10年前上京したときに思ってたこの気持ちを改めて思い直し、

初心に帰って。


さぁ明日から1週間かけて伊勢→岐阜→愛知→静岡→神奈川→東京!



待ってろよーー東京!

2009年3月19日木曜日

姫路→京都→岡山→四国→大阪

何日か親のお店を借り、

ウィッグを切ってカットの練習。



親のカット、

いとこたちのカット、

友達のカット、

お店のスタッフの人達のカット、

周りの人にモデルになってもらってシャンプー、ブロー、カットの練習。


久々にやった練習はかなり楽しくて時間を忘れた。




日本でばりばりやってる友達の職場を見に行き、自分の士気を高める。


みんな違う道だけどそれぞれ前を向いてやってる。

地元の友達と飲むと一気に現実に帰れる。

東京に帰る前に地元に帰ってきてよかった。


京都、金閣寺に行った。


あ、大阪城にも。

日本の建築物の中でもお城は特別なものに感じる。

姫路出身だから姫路城びいきやけど、大阪城の緑と金のコラボもかっこよかった。



日本の建物は本当に美しいと思う。

もっとたくさんの外国人に日本に来ていろんな日本を見て欲しい。


岡山に行って友人のカフェに行った。

東京で会ってたときより生き生きしていた。

東京に帰っておいでよ。って言いたかったけど、

言うのやめといた。







香川の金毘羅山にお礼参りに行った。





いままで神社にはお願いする時はちゃんと足を運ぶのに、

お礼はお願いのついでになってしまってた。

今回ばかりは無事、日本に帰ってこれたお礼を言いに行った。







ハサミを持って大阪へむかった。

友人、旅友の家を転々とし、いろんな話を聞いて、刺激を受けた。

髪はこの旅のスタイルで切ってあげる。












自分の髪をキレイにする為に、先輩が働いてる『mission hair』ってとこに行って髪を切ってもらった。

肩甲骨下辺りまであった髪を方につくかつかないとこまでばっさり。

髪を切ると気持ちが変わる。

そんなことは前からわかってるけど、

切ってもらうたびに改めて感じる。



オーストラリアに行ってた一年で周りの人にそんなに変化は感じなかったけど、

この世界一周の一年でみんな大きく変わって成長してた。

ちんたらしてられんな。