BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2017年11月11日土曜日

人に対して丁寧に接する。 俺に足りひんかったとこや。意識してみる。


前回の道徳のブログ、

いろんな人がコメントくれて、

ディベートしたし、

いろいろ考えさせられた。

みんなもいろいろ考えてコメントしてくれたんやと思う。



これが道徳ってやつなんやなって思った。

コメントくれた皆さん。

ありがとうございました。

絶対これは真似したらあかんで。

道徳の話こないだしたくせに、

せやからお前には道徳が必要なんや!って思うかもやけど、

ちょっとそこは目をつぶっていただきたい。


ほんで、当時のちょっとした悪ふざけを、

先日きょーへーがまた面白く話してくれた。


俺ときょうへーの関係がわからんと、ただのイジメやん!って思われるかもやけど、

そうではないので、その辺踏まえて読んでください。





播但線っていう姫路から出てるどんどん田舎に向かう電車があって。

あ、当時は汽車やな。

俺はそれに乗って福崎から高校まで通っててん。


その播但線で通う仲間を播但カンパニーってよんでた。

そこにきょうへいって友達がおって。

俺の二駅手前で降りるんよな。


その日も野球の練習を終えて播但線に乗って帰って、

きょうへいが降りる駅に着いた。

ほんで、



汽車の窓をぐっと上にあげて

「きょうへーちょっとー」って手招きしてよんで、



こっちに来るきょーへーのリュックの後ろをぐっとつかんでん。

ほんで、汽車は次の駅に出発して、

リュックを掴まれてるきょーへーは走る。

俺は離さない。

(今おもたらめちゃくちゃ危ない。そこは目つぶって!)

きょーへー走る。

行き止まりもうすぐ。

汽車早なる。

きょうへー走る。

ここまでや!と思って俺がリュックを離したと同時に、

きょーへーもリュックを離した!

ほな、リュックは線路と列車の間に落ちて

タイヤ?に絡まってぐるぐるリュック回ってる!

やべーーー!

脱線したらどないいよーーーー!

とか思って体を乗り出してリュック見てたら

100メートルくらい行ったとこで

ポンッ


っリュックがタイヤからはずれて投げ出された。

ホッとして家帰ってん。


(当時の俺マジクソ)


ほんで、次の日、

高校行ったらな、

きょーへーそのリュック背負ってきててん。

そのリュックな、

チャンピオンの深緑の強い生地のリュックやってん。

ほんでな、

そのリュック、

線路に敷いてある、茶色の石とうまいこと調和されてな、


迷彩柄になっててんーーーー!!!

ほんでな、

そこから取り出したな、

銀の水筒がな、

ボコボコやってんーーーーーー!!


きょうへーーーごめんーーーーー!!




っていう話。

あ、続きあるわ。

その後日、


バチが当たったんかな、

野球のノック練習でイレギュラーして

硬球が目に当たって、

眼帯生活が始まったんよな俺。


ほんで、

眼帯してたら遠近感つかめへんのに、

きょうへーに、

「こないだはごめん、お詫びに髪切るわ。」

いうて

部室の前やったか、家でやったか忘れたけど髪切ったげたんよ。

ほなな、


スキバサミで耳切った。




きょーーへーーごめんーーーー!!


っていう話。

そんなきょーへーと今でもめちゃくちゃ仲良いです。

きょーへーありがとう。



そんなきょうへーとこないだ、

縄のれん行っていろいろ熱く語ってな。

今、中学校の先生してるねんけど、

ほんま熱血教師でな、


教育についてあーだこーだ話してん。



やんちゃして奴ほど大成する気がする

でも、とんでもない才能を持ってる奴はいて、

そいつ見てたらどーせ俺なんて。みたいになってまうけど、

コツコツと地道な努力を謙虚に続けていくしかないと思ってる。


ってこととか、

俺の教育は放任。

化けるのを待って、その化ける瞬間を見逃さんと認める事が大事。

その化けた時がたまらん。


ってこととか、

俺はアホで勉強せーへん買ったから同級生の奴らへの劣等感がある。

でも、

高校の同級生の奴らに英樹に会いたいな、

って一人でも多くの人に思ってもらいたい。

同窓会呼んでな。

って話とか、


自分を肯定してくれる人がおるから、

否定されてもひるまず前に進めるんや。


とか。

後半はアブサン飲みながらいろいろ話した。


そんなきょーへーが、

「ヒデは前より角が取れたね。
それはギラギラ感がなくなったというわけではなく、
成熟した。という感じ。

次の5年でどう変わるのか楽しみです。

たくさんの刺激ありがとう。

また姫路でがんばります。」

って連絡くれて。


嬉しいし、俺かって刺激いっぱいもらったし。


きょーへーから今回一番学んだのは、


人に対して丁寧に接するってこと。

人見知りとか、

こいつがどうとか、

好きとか、嫌い

とかそういう事じゃなくって、


人に対して丁寧に接する。


あー勉強になった。

ありがとう。

また飲もうな。





ほな!












コメントを投稿